Works

空白の痕跡

空白のままに終わっていく亀岡商工会館 写真作品を通してその痕跡を見つめる

2020年10月31日〜11月8日 開催

出展者 : 小川 美陽 / yuri / マツオカ ヒロタカ / iyoha / 西谷 治香 / 紅たえこ / 森下和真

会場である「亀岡商工会館」は現在ほとんど使われることなく、保津川の水辺に佇んでいる。その様相は、廃墟のように見間違えるかもしれないが、現在でも利用されている。周辺には、2020年春に完成のサンガスタジアム by KYOCERA(京都府立京都スタジアム)や河川改修工事が迫ってきている。

この建物は廃れ、空白のままに終わっていく過程にある。建物とその周辺の変容を辿ってみると、その痕跡から何か忘れてはいけないものがあるように感じる。

KAMEOKA PROJECT

亀岡プロジェクトは、2010〜2016年に京都学園大学(現・京都先端科学大学)の授業を軸に行われた現代アートの展覧会。

KAMEOKA PROJECT 2010 場所の美と感性
KAMEOKA PROJECT 2011 場所の力
KAMEOKA PROJECT 2012 多趣一味
KAMEOKA PROJECT 2013 境界の華
KAMEOKA PROJECT 2014 過去と未来の間
KAMEOKA PROJECT 2015 Genus
KAMEOKA PROJECT 2016 Conviviarity