亀岡商工会館 2022年2月解体予定

亀岡商工会館 2022年2月解体予定

誠に残念ではありますが、亀岡商工会館は2022年2月末までに解体される運びとなりました。

1958年に保津川観光会館として建設されてから64年、1973年に今の名前になってから49年が経ちました。

前々から老朽化や耐震性、河川の改修工事など様々な要因から、いつ取り壊されるかわからない状態の中で今日まで佇んでいました。

僕が関わってきたときからこの建物は常に「終わり」と共にありました。終わることそのものを悲しいと思う気持ちもありますが、この建物にとって終わりとは避けては通れない、存在の一部なのだと感じています。

解体されるまで少しばかり時間はありますので、何か動きがありましたら引き続きこちらで報告させていただきます。

発表記事 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/590715